みゅうみゅうからのお願い

地域猫活動はほとんどボランティアの自費で行われています。

その中身は、医療費(ワクチン代や不妊手術代も含む)やエサ代、

病気の猫を隔離するためのケージ代、TNR時に子猫を保護したときは、

里親が決まるまでやむなく、ボランティア宅で飼育しています。

どのボランティアも、たくさんの保護猫を抱えているのが現状です。

現状を理解していただき、どうかご支援をよろしくお願いします。

猫を飼っていらっしゃるみなさまへ

室内飼育をしてください

 

外は危険がいっぱいです。毎日のように猫が車にはねられています!

(伊丹市内だけで年間約1000匹の猫たちが車にはねられ命を落としています)

猫同士のケンカによる怪我、病気の感染は命を脅かします。

ぜひ、あなたの大切な家族である猫ちゃんを守ってあげてください。

 

避妊、去勢手術をしてください

 

マーキングがなくなり、発情期のイライラや鳴き声がなくなります。

メス猫にとっては、将来の乳がん、子宮の病気の発生確率が減少します。

猫は1度の出産で平均5匹の子猫を生みます。無計画で生まれた子猫を

捨てることで不幸な猫を作らないように、ぜひ不妊手術を受けさせてください。

去勢していないオス猫が外にでてしまうことでも、不幸な子猫が生まれます!

 

迷子になってしまった時のために

 

首輪には、名前と電話番号を書きましょう。

病院でマイクロチップをいれてもらう方法もあります。

猫ちゃんの写真(顔がはっきり写っているものと全身が写っているもの、

特徴がわかりやすいもの)を普段から撮っておきましょう。

スマホなどに保存しておくだけでもいいです。

必ず、警察と動物愛護センターに届けを出しましょう。

保護されていれば、すぐに帰ってきます。